セミナー

募集中のセミナー情報

8月5日(木)開催:【食品小売業様/メーカー様向け】 <クックパッド 三菱食品 共催セミナー>コロナ禍で変わった生活者接点 見えてきたニーズとこれからのコミュニケーションのあり方とは?

1年以上続く新型コロナウイルスによる影響のなか、「コロナ禍」と一口に言っても、生活者の行動や嗜好性は少しずつ変化し、今までに無いニーズに対応する必要が生まれています。 生活者とのコミュニケーションについても、内食需要の高まりに伴う商品ニーズの拡大・変化とともに、顧客接点の変化や店頭での試食販売の自粛や混雑緩和の必要性など、今までにない対応を進めて来た方も多かったのではないでしょうか。 ワクチン接種の進行など、これからも状況が変わっていく中で、どのように生活者との接点を創出し、成果につなげていくのか。 そうしたヒントを見つけていただくため、クックパッドと三菱食品が小売業様、食品メーカー様に向けてセミナーを開催します。 最新の食卓データや、メーカー様と協同で行ったリアルとデジタルを組み合わせることによる成果をご紹介しながら、これからの店舗と生活者とのコミュニケーションを考えていきます。

過去セミナーレポート

コロナ禍での適切なコミュニケーション戦略とは?

クックパッドと、子どもを出産したママたちが利用する女性向けQ&Aアプリ「ママリ」を運営するコネヒト株式会社が共催セミナーを開催。生活者のニーズや現状を捉えるポイントを解説しました。

先進企業に聞く、コロナ禍で推進する「デジタルシフト」

コロナ禍によって市場が大きく変化し、「今まで活用していたデータが使えなくなった」というお悩みをお持ちの方も多いだろうと思います。2021年2月18日に開催したオンラインセミナーでは、エバラ食品工業でデジタル化、データ活用を推進する毛利様に、コロナ禍でのデータ・デジタルの捉え方や活用法について対談形式でお話をうかがいました。「デジタルシフト」を目指す企業担当者のヒントと成り得る内容満載のレポートです。

終了したセミナー情報

6月29日(火)開催:クックパッドとSNS活用でシナジーを生む、食品メーカーのマーケティング戦略

人々の可処分時間の使い途はデジタルに向かっており、SNSやユーザー参加型プラットフォーム上の一般ユーザーの投稿によって食品ブランドや商品について知るということも当たり前になってきています。今回は、クックパッド株式会社のマーケティング事業開発室室長である齋藤様をゲストにお呼びし、ホットリンクCMOいいたかゆうたと共に、クックパッドやSNSプラットフォーム上の食に関する検索トレンドや、ユーザー投稿活用について考えます。食品メーカーが売上を伸ばすために、どのようにSNSやユーザー参加型プラットフォームを活用するのか。そのヒントを探ります。

7月9日(金)開催:【FoodClip ラウンジ Vol.1】 “読者とつながる”ラウンジ始めます 「食のビジネスメディア」FoodClipと注目フードトレンドをつまみ食い

2020年2月にスタートした、クックパッドが運営する「食のビジネスメディア」FoodClipでは、読者の皆さまとより深くつながり、ビジネスに活かせる情報を発信するため、定期イベント「FoodClip ラウンジ」を開催致します! 編集部による注目キーワード、マーケティング事例、最新分析データの解説や、ゲストをお呼びして食にまつわる最新のトレンドを伺っていきます。

4月23日(金)開催:【小売/卸売向けセミナー】 店舗作り・顧客接点の最適化に向けたデータ活用とは? 食卓データとの連携で実現できる未来

ひとくちに「データを活用したい」と言っても、さまざまなデータが存在する中で、目的に応じてどのようなデータを導入し、活用するべきか、迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回のセミナーでは、そうしたお悩みに対して、クックパッドのデータアナリストが、データに対しての基本的な考え方や導入時のポイント、導入後の活用についてなど、社内検討時のヒントになるような情報をお伝えします。クックパッドがどのようなデータをご提供できるかの説明も交えてさせていただきます。

4月21日(水)開催:「費用対効果が…」「従来の方法じゃだめ?」にどう答える? 自社でも食卓データを活用したい! 社内説得と導入のポイントとは?

自社の業務改善/売上向上に向け、食卓や生活者に関わるさまざまなデータの導入を検討する際、障壁になるのが社内に対しての「費用対効果」「導入後の活用イメージ」の説明、という声を良く伺います。 また、ひとくちに「データを活用したい」と言っても、さまざまなデータが存在する中で、目的に応じてどのようなデータを導入し、活用するべきか、迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回のセミナーでは、そうしたお悩みに対して、クックパッドのデータアナリストが、データに対しての基本的な考え方や導入時のポイント、導入後の活用についてなど、社内検討時のヒントになるような情報をお伝えします。 クックパッドがどのようなデータをご提供できるか、ご説明も交えてお話させていただきます。 現状のお悩みや課題などがあれば、是非登録時のアンケートにご回答ください。

3月16日(火)開催:【「クックパッド」「ママリ」共催セミナー】生活者ニーズの変化から商品価値を捉え直すこれからのコミュニケーション戦略とは?

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う外出自粛要請や緊急事態宣言が行われてから1年、 生活者の消費行動や生活様式は大きな変化にさらされてきました。 内食需要の圧倒的な拡大や「おうち〇〇」のトレンドなど、さまざまな動きがありましたが「収束後も習慣は以前のようには戻らない」と言われる中でそういったトレンドが果たして一過性のものなのか、それとも継続して生活者に受け入れられるものなのか、判断に困っているという声をメーカー様を中心によくいただくようになってまいりました。 今後も生活者に寄り添う商品・ブランドであるためにどのように価値とニーズを捉え、戦略に生かしていくのか。そうした課題に対し解決のヒントをお伝えできるよう、 日本最大のレシピサービス「クックパッド」と、子どもを出産したママの3人に1人(※)が利用する女性向けQ&Aアプリ「ママリ」が共催セミナーを開催します。 それぞれが持つユーザーデータから、生活者の動向や、メーカー企業が何を捉えることができ、どのようにそれぞれのサービスを活用していけるかを解説します。

お問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください